喜劇病棟2014年新企画 【contender】

どうも、2014年明けましておめでとうございます!!

昨今の観客数低下に歯止めをかけるいい案はないものかと
昨年末から会議を重ねたところ、結論が出ました。

みんなに興味を持ってもらえる内容を扱えばいいのではないか。
では、万人が興味を持つ対象とは何か。

そう。
金だ。

今年の喜劇病棟は「マネーの動く空間」をテーマに、
年始からブッ飛ばしていこうと思います!!

というわけで、新年一発目の新企画がこちら。


突劇!?喜劇病棟
【contender】
2014年1月26日(日)
18:00開演 30分前開場
スタジオイマイチ(山口県山口市駅通り2-3-22大平ビル)
投票券¥1,000(当日¥1,300)
脚本付投票券¥1,500(当日販売のみ)



この企画、数人の役者が同じ脚本で一人芝居を順番に行い、
最終的に最も評価の高い役者の作品を観客の投票によって決定、
最多得票数の役者にその場で賞金をプレゼントという企画。

要は、役者を演劇で対決させ、勝者には現金が舞い込むという企画。
そして他でもない、勝者を決めるのは観客の皆様なのです。

気になる出場者はこちら。
(五十音順、年数は俳優キャリア)

片岡祐美  (劇団笛;1年)
髙橋勇作  (突劇!?喜劇病棟;6年)
人見功一  (突劇!?喜劇病棟;13年)
山口晋之介 (山口大学演劇部;2年)
山本恭平  (フリー;6年)


キャリアも年齢も様々な役者達が集まりました。
なお、出場に関しては参加費が必要で、参加費の総額が
そのまま勝者に支払われる賞金になるというわけです。
ちなみに参加費は、
俳優キャリア年数(自己申告)×500円
つまりキャリア年数の低い役者ほど、ローリスクハイリターン。
このシステムでいくとキャリア最長の人見さんは、かなりハイリスク…?
いやいや、そこは培ってきた経験でトップをかっさらうことでしょう。
なにしろ自身の俳優キャリアがかかっているのですから…。

今回の脚本は谷竜一さん(集団:歩行訓練)に新作を書いていただきました。
この4月で山口を離れ東京芸大へと翔び発つそうです。
これを逃すと彼の作品を山口で観れる機会はしばらくないかも!?

一人でも多くのお客様にご参加いただけたらと思います。
チケットの前売り予約など、お問い合わせはこちらへ。

090-7502-3124 (喜劇病棟@山口)
daihyouhosa@hotmail.co.jp

企画制作Comedy Hospital
[PR]

by comedy-hospital | 2014-01-04 01:04 | 活動記録  

<< 前回から1ヶ月、【conten... 喜劇病棟 映像スケッチ放出会 ... >>