カテゴリ:趣味( 4 )

 

団体公式Facebookを開設!

ヘイ!みんな、知ってるかい?
最近都会のIT系の企業ではフェイス・ブックていう
電子書籍みたいな薄っぺらい本が大流行なんだぜ!

え、知らないの…?


おっくれてるぅ~~!!!



てなわけで、喜劇病棟も時代を先取りして
演劇まがい団体として初の公式フェイヌ・ブッタページを
取得することに成功しました!!!

運営は喜劇病棟の座付き脚本化ならぬ脚本家、
人見叫三氏が担当してくれています。
たぶん友達やいいね!が増えないとすぐ運営に飽きると思われるため、
積極的な閲覧及び友達申請をお願いします。

https://www.facebook.com/kigeki

投稿初期の【閲覧に関する大事なお知らせ】は、
他記事の閲覧前に必ずご一読ください。いいね?


[PR]

by comedy-hospital | 2017-03-23 21:18 | 趣味  

管理人不在に関するお詫び

去年夏(あらゆる意味で)衝撃のワンコインシアターをサカイに
永らくサイトの更新が滞っていたため、
喜劇病棟もついに空中分解したのではというウワサが
どこかから聞こえてきてもいいのに
ウワサのウの字もないのは
いったいぜんたいどういうことだろう?
と、首を捻っているそこのあなた。
今すぐまっすぐに戻して。首痛めるから。

答えはカンタン、去年秋~冬にかけて
喜劇病棟の患者たちは空中分解するどころか
地域のイベンターとガッチリ水素結合して
そこかしこのイベントに客演を繰り返していたのです。

ツイッター等でイベントのお知らせ、客演情報は流していました。

他の演劇団体の公演に客演先の各団体様がアイデアに溢れた
オサレなフライヤーを挟み込んでくださってもおりました。

山口の狭いコミュニティ事情もあり、そのあたりの情報や口コミのみで
出演情報をキャッチして、見に来る人は見に来ておりました。

そう、つまり

ただただ、サイトでのお知らせ更新を
サボっていただけなのです。

インターネットブログの及ぼす力をナメておりました。

とはいえ、微少ながらもツイッター等を使わず劇団のサイトから
公演情報を入手される方もいらっしゃるはず。
初めて「喜劇病棟」という単語と出会って、オモシロ半分で検索かけたら
このサイトに辿り着いちゃう人だってきっといるはず。
そもそも更新する気がないなら
チラシにURL載せるなって言われちゃうはず。

反省しました。今始めてこのサイトに来てこの記事に出会った人は、
決して私みたいな管理人になってはいけませんよ。
更新めんどいなら他人に丸投げするくらいの意識を持っておきましょうね。

さて、駄文長文反省文はこのへんにして。
次の記事にてお詫びのしるしに
去年秋~年始にかけての客演イベントをアーカイブ形式で
お知らせしたいと思います。
ええ、つまりは事後報告です。申し訳。



[PR]

by comedy-hospital | 2017-02-04 13:45 | 趣味  

喜劇病棟 映像スケッチ放出会 出演者急募

そんなわけで4月から始まった喜劇病棟映像企画ですが、
現在、アベノミクスの影響からか、病棟内には満足に動ける患者が少ないのです。
ネタは溜まっていく一方なのに、撮影に手が回らず・・・

そこで、あなたのお力を借りたい!

おもしろ映像に出演いただける方や、撮影を補助していただける方を広く募集します。
一緒にネタを考えたいなんて人も大歓迎!気軽にガヤガヤやっていきましょう。

活動が不定期なため、撮影日程は参加者間で調整して決めています。
とりあえず興味アリな方は代表連絡先
090-7502-3124 または
daihyouhosa@hotmail.co.jp
まで一度ご連絡ください。
一緒に牛丼でも食べに行きましょう。


喜劇病棟 映像スケッチ放出会
日時:2013年6月22日 18:00~
場所:スタジオイマイチ
入場無料
主催:突劇!?喜劇病棟

※このイベントは偶数月第4土曜日に開催される定期イベントです

[PR]

by comedy-hospital | 2013-05-10 18:01 | 趣味  

西京大喜利倶楽部(SOC) 生徒募集のお知らせ

本州は西の京、山口県にて、おそらく初の大喜利専門教室が誕生しました!

西京大喜利倶楽部(Saikyou Oogiri Club)

喜劇病棟代表の人見が、人生初の「お教室講師」として
皆さんに大喜利の素晴らしさを教えます。
年齢、性別、経験問いません。
誰でも気軽に、手ぶらで始められます(必要な物はこちらで準備いたします)。

以下、各お教室を展開するスタジオイマイチさんのweb紹介文より抜粋。
喜劇団体の主宰を長年務める講師が大喜利を通して
「自由な発想力」
「豊かな表現力」
「幅広いコミュニケーション能力」を育みます


会社で若い部下とイマイチ会話が弾まない、
同じ家事をこなす日々にイマイチ楽しみを見出せない、
この世は自由で豊かさに溢れていると言うがイマイチ信じられない・・・


そんなあなたにこそ、
経験していただきたい。


喜劇病棟を知らない一般の方もこの機会、ぜひともに笑いあいましょう!


講師:人見功一
毎月第1・3・5(水) 19:00くらい-21:00
スタジオイマイチ(山口県山口市駅通り2-3-22大平ビル)
1回¥500 予約不要、飛び入り歓迎
使用する道具はすべてこちらで用意します
問合せ、予約など daihyouhosa@hotmail.co.jp


大喜利とは・・・
「お題」に対する「答え」をひねり出し、その場で書いて発表する。
シンプルであり、遊びとして誰でも始められるがその実奥は深く、
相手と「答え」の質を競い合う競技としての一面も持つ。
ダイキリと読むと未成年が味わえなくなってしまうため、注意。

近年は
”「何故そうなったのか?」などのような問いに対して、ひねりの効いた
面白い答えを返す形式のものが主流となっている”(出典:Wikipedia「大喜利」)
[PR]

by comedy-hospital | 2013-05-01 16:48 | 趣味